八王子ディベートラボ

これまでインプットしたことをアウトプットに変えてみませんか?

「これまで色々と学んだけれど、具体的にどのように行動に起こしたらいいのかわからない」

Cre802では、思考力・判断力・表現力など経営者・個人事業主たちの創業支援2ndステップ・リーダーシップの育成を目的にディベート教育を行っております。

入門から実践までの4つのディベート

 

入門編でいちどディベートをすることに慣れてもらいます。

  • GAFAをテーマにしたIT・デジタル技術の未来
  • 令和時代の働き方を考えるための仕組みづくり
  • 八王子を創業の街にするための施策づくり

など、私たちの身近にあるテーマを取り合えて、ディベート形式で議論を行っていきます。

ディベートで身につく5つのスキル

Cre802のディベート講座を創業2ndステップに位置付けております。

(1)思考力:自分の主張が成立する過程を根拠で裏付ける

ディベートでは、肯定側・否定側のどちらがより論理的であったかを競います。従って、ディベートを経験すると、必然的に論理的に考える習慣が身につき、論理に強くなれます。論理に強くなることで、複雑な状況下でも適切な判断を下せることができます。

(2)傾聴力:相手の主張に耳を傾けて、論理を見抜く

ディベートでは、相手の主張に対して時間内に反論できなければ、その主張は肯定されたものと見なされます。従って、相手の主張によく耳を糧向けて、素早くその論理を見抜く力を身につけることができます。

(3)伝達力:自分の考えを相手に効果的に伝える

ディベートでは、制限時間内に第三者であるジャッジ・聴衆にに自分の考えを理解してもらって勝つことができます。従って、自分の考えを効果的に人に伝えるプレゼンスキルが自然と身に尽きます。

(4)即興力:スピーディーに物事を判断する意思決定力

通常、ディベートの試合では、事前に相手の議論を予測して、対策をするのですが、必ず限界があります。予測していない主張・反論を受けても、その場の判断で的確に切り返す即興力を身につけることができます。

(5)情報収集力:

 

八王子の発展と次世代型人材の育成を目的に

  • 教えると教わるの子弟関係から共に学びあう仲間に
  • 知識や情報をたたき台に思考力・判断力・表現力を高める

この度、八王子でディベートを取り入れた背景には、八王子市の発展と次世代型人材の育成がありました。2018年は八王子の起業塾で事業設立を教わる側の立場にいました。確かに、たくさんの知識・情報を身につけることができたのですが、私の中でいくつか課題が残りました。

  • 教わったことをどのように実践していけばよいのかがわからない
  • 知識や情報を仕入れても、実践に落しこめなければ意味がない

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です